坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、お尻、太もも裏、ふくらはぎ、すねなどに痛みやしびれがでる症状です。疾患名としてではなく症状を表す言葉として使われています。腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群など腰椎の何らかの異常が原因でおこると言われています。

坐骨神経痛になる要因として

  • 長時間同じ姿勢でのデスクワーク
  • 重いものを持つ重労働
  • 精神的ストレス過多
  • 食生活の乱れ(体重の増加など)
  • 内臓の疲れ
  • スポーツのやり過ぎ
  • 長時間同じ姿勢で運転

このようなお悩みの方は、一緒に解決していきましょう。

  • お尻から足の後面が痛くて歩けない。
  • 立っていても、座っていても、何していても痛くて辛い。
  • 痛くて熟睡できない。
  • 痛みが強くて家事がままならない。
  • 坐骨神経痛と言われシップを貼って痛み止めも飲んでいるが痛みがとれない。
  • マッサージ、整骨院、整体に通うが、痛みがとれない。
  • 痛みがひどくて休職している。

当院が坐骨神経痛を改善できる5つの秘密。

1⃣ 15年の経験を有する国家資格所有者が、細かな検査としっかりとしたカウンセリングを行い施術をします。

15年で延べ6万人以上を見てきた中で、多くのギックリ腰、ヘルニア、狭窄症といった重度の腰痛から坐骨神経痛になった人たちを施術してきました。また、多くのセミナーと解剖学、生理学と東洋医学をもとに独自の検査を行い根底にある原因を探し出します。鍼灸、整体、モルフォセラピー、経絡マッサージを組み合わせてあなたに合ったコンビネーション施術を行います。

2⃣ 気血水の流れを良くし、内臓の不調、自律神経の乱れが整え、自然治癒力が高まることで改善が早まります。

鍼灸の特徴でもある、気血水の流れを整えることにより、人間の持っている自分で治そうとする力「自然治癒力」が高まります。本来「自然治癒力」が正常に働いていると心と体は健康であります。しかし、慢性、重症の坐骨神経痛の場合「自然治癒力が正常に働いていません。筋肉を緩める、骨格の歪みを整えるだけでは、根本解決にはなっていません。自分で治す力「自然治癒力」を正常にして再発しない状態にしていきます。

3⃣ 骨格の歪みを整えることで、筋肉を無駄なく使えるようになり疲れにくい体になります。

長年の坐骨神経痛の場合、骨格の歪みが複雑化しています。お尻、もも、ふくらはぎの痛みやしびれをかばって歩くことで足の筋肉が硬くなり、硬くなった筋肉が骨を引っ張りさらに歪みをつくります。また、骨盤が歪むことにより、首肩のバランスも悪くなり首肩周りの筋肉も硬くなります。骨格の歪みを整えることにより筋肉同士が調和がとれます。また骨格で体を支えるので筋肉に無駄な負担がかからずに体を動かすことが出来ます。

4⃣ 背骨のズレを整えることで、神経、血管の流れがスムーズになり全身へのエネルギー補給と伝達が正常に働きます。

背骨に沿って神経と血管が一緒に走っています。背骨のズレることにより神経と血管の流れが悪くなります。神経の伝達が正常に行われないと、筋肉が動かしずらくなり、余計な負荷がかかる為すぐに疲れてしまいます。また、感覚が鈍くなる、しびれがでるなどの症状も出現してきます。血管の流れが悪くなると、組織、筋肉に十分な栄養が運ばれなくなり疲れやすくなります。また老廃物がたまりやすくなり疲れがとれません。その蓄積が坐骨神経痛の原因になります。背骨からは内臓に行く神経もでています。背骨のズレによって内臓にも不調がでる恐れがあります。背骨を整えることで神経の伝達を正常にし、内臓、筋肉、組織がしっかりと働くようにします。血管の流れを良くすることで、内臓、筋肉、組織に十分な栄養を供給し、老廃物も取り除くことが出来ます。

5⃣ 深部のコリを徹底的に緩めることで、何年も流れが悪くなっていた血液が流れ出し痛みが解消します。

長年のコリが積み重なることにより、深部までコリ固まってしまいます。普通のマッサージや骨格矯正を行っても、奥深くのコリを緩ませることはできません。長年の深部のコリを緩ませるのには、時間と回数が必要になります。当院では鍼の効果を最大限に活かした深部に効く鍼で効率よくコリを緩めることが出来ます。

坐骨神経痛の施術

問診票に記入し、カンセリングでじっくりとお悩みを聞いていきます。

各種検査を行いお体の状態を診ていきます。

その方に合った施術を行っていきます。